スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




女性芸能人・女優 ブログランキングへ

芸能人 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村 芸能ブログ 女性芸能人・タレントへ
めっちゃイーモバイル

ホテル予約なら一休.com


証券不況!?

最近東証での売買代金の低下、
大証での先物売買出来高の低下など証券市場は低迷していますが
その煽りを受けて証券業界は苦しい状態となっています。

しかし売買代金が低迷する前から証券業界の衰退は始まっていたのです。
皆さんは金融ビックバンという言葉をご存知でしょうか?
日本では1996年から2001年にかけて行われた金融業界の規制緩和です。

これにより証券売買の仲介手数料が自由化され、
さらにインターネットの普及によりネット証券が登場し
証券会社の主力業務である対面営業は少しずつ売り上げが細っていきました。
手数料自由化以降収益が減っている証券会社が多く赤字体質から脱却できない会社も多いのです。
さらに追い討ちをかけるように最近の売買代金減少です。
証券会社も投資信託、債券、保険、FXなど様々な商品の販売によりなんとか収益の確保に努力して来ましたが
最近の金融不況によりそれにも限界が来ています。
大手証券会社も海外事業に活路を求めて来ましたが海外金融市場も不調で苦しい状態です。

また、証券会社は対面営業の他に収益原を模索しディーリングにも力を入れて来ましたが
そのディーリングも2010年から始まった東証売買新システム「アローヘッド」により
収益は減少しています。

このような事業環境の中で廃業する中小証券会社も多くなっています。
最近では東証と大証の合併準備が進められている事が話題となっていますが
東証は以前から上場を模索していました。
この大証との合併により東証も上場する事になります。

中小証券会社の多くは東証の株式を保有している会社が多く
業界内では東証が上場するのを待ち、上場したら株式を売却して廃業する小さな証券会社がいくつかある
という噂が昔から流れています。

果たして日本の証券業界はどうなってしまうのか!?
これからの証券業界の発展を期待したいのですが…




女性芸能人・女優 ブログランキングへ

芸能人 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村 芸能ブログ 女性芸能人・タレントへ
めっちゃイーモバイル

ホテル予約なら一休.com


コメントの投稿

非公開コメント

スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

outofthemoney

Author:outofthemoney
さえない金融マンのぼやきです。
日々の事をつづります。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス解析
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。