スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




女性芸能人・女優 ブログランキングへ

芸能人 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村 芸能ブログ 女性芸能人・タレントへ
めっちゃイーモバイル

ホテル予約なら一休.com


バブル!?

最近の株式相場の上昇はかなりの勢いです。
これをバブルと見るのかそうでないのかはわかりませんが金融緩和政策はまだ継続されるようです。



女性芸能人・女優 ブログランキングへ

芸能人 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村 芸能ブログ 女性芸能人・タレントへ
めっちゃイーモバイル

ホテル予約なら一休.com


スポンサーサイト

投資の資金管理法について

皆様お疲れ様です

今日は投資の資金管理についての記事です。
記事の前に気をつけて欲しいのはここで書く資金管理方法は個人的な一つの方法であって
必ずしもこの方法が正しいとは限らないという事です。
またこの方法で損失が出たとしても責任は取れません。
投資は自己責任という事は基本ですので各々自己責任でお願いします。

まず一般的な投資の資金管理方法ですが皆様はどのようにしておられるでしょうか?
仮に預貯金が300万円あるとすれば
300万円をひとつの金融商品に投資するというのはリスクの取りすぎであると考えられます
何故ならその商品から必ず利益が出るとは限りませんし何か不測の事態が起きる可能性があるからです

300万円あればそのうちの20%程度をリスク資金としての投資に回す程度が良いでしょう
ちなみに預貯金は安全という意識が最近は強いですが、預貯金であってもリスクは0というわけではありません

過去の例では太平洋戦争終了直後に激しいインフレが起き
預金封鎖(日本の戦後の場合1日あたりの預金引き出し可能額を制限した)がされました
この時政府は日本円を旧勘定と新勘定というように分けて一定期間で旧勘定の円を使えなくしたのです
当然旧勘定の円を銀行から全額引き出すのに間に合わない人が多数出て損失を被ったのです
この場合預貯金での資産は損失となりました

また、最近では振興銀行の破綻がありましたが
銀行が倒産した場合2012年1月29日現在でのペイオフ制度では1000万円しか預金は保証されません
この場合も1000万円を超える預金をしていた人は全額ではない場合が多いと思いますが
損失を被る可能性があります

このように預貯金も損失となる可能性は秘めており絶対安心というわけではありません
かといってリスク投資には危険もありますし怖いという方も多いでしょう
そこで資金管理の必要性が出てくるわけです
資金を複数の異なる性質を持つ投資対象に分散するという方法を取るわけです

この資金管理についてはまた後日書きます
今日はここまでにしておきましょう
投資は自己責任で



女性芸能人・女優 ブログランキングへ

芸能人 ブログランキングへ
にほんブログ村 芸能ブログへ
にほんブログ村 芸能ブログ 女性芸能人・タレントへ
めっちゃイーモバイル

ホテル予約なら一休.com


スポンサードリンク
スポンサードリンク
アクセスカウンター
最新記事
QRコード
QR
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
プロフィール

outofthemoney

Author:outofthemoney
さえない金融マンのぼやきです。
日々の事をつづります。

カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセス解析
出会い
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。